印刷について (印刷方法について)

タオルダイレクトでは、タオルにご希望の文字やデザインを印刷して、オリジナリティあふれるタオルの制作が可能です。

下のタブをクリックすると表示が切り替わります

印刷方法について

名入れタオル
既製のタオルに、社名やロゴを1色でプリント。お手軽に作成可能です。

オリジナルタオル
フルカラーで、完全オリジナルのタオルを作成ご希望の方。

名入れタオルとは?

ノベルティとして定番の名入れタオルです。
フェイスタオルの端の平たい部分(平地部分)に社名などをプリントできます。

名入れタオル


商品例)海外製白フェイスタオル【片袖】

片袖印刷、両袖印刷って?

タオルの片端だけに印刷することを片袖印刷、両端に印刷することを両袖印刷といいます。

印刷範囲

オリジナルタオルとは?

タオル生地全体に柄をプリントできるタオルです。
目が細かいシャーリングタオルにプリントするので、プリントの仕上がりがとてもきれいです。
サイズは合計5種類あり、デザインによって顔料と染料を使い分けます。


オリジナルタオル


商品例)シャーリングフェイスタオルシャーリングマフラータオル(染色ベタ)

顔料と染料ベタって?

デザインにより、プリントに使用するインクが変わります。
白フチが出てもいいデザインの場合は、顔料を使用します。
端から端までベースカラーをプリントしたい場合は染料でプリントします。
染料よりも顔料のほうが細かくプリントできます。

特徴・比較

顔料 染色ベタ
印刷範囲

中央部に柄をプリントできます。
白フチが出ます。

中央部に柄をプリントできます。
白フチが出ます。

点線以外はベースカラーで全てプリントされるので、デザインできません。

イメージ
価格 安い 高い
納期 短い 長め
色数 7色まで対応可能 7色まで対応可能
特徴 コストパフォーマンスNo.1
価格と納期重視なら顔料印刷がオススメ。
ベースカラーを全面にプリントできます。
色落ちしにくい
デメリット 色落ちしやすい
比較的細かくプリント可能
色落ちしにくい
細かい印刷には向かない
多色には向かない

ジャガードタオルとは?

「印刷」でデザインを表現するプリントタオルとは違い、「織り」でデザインを表現するタオルです。
織り方や糸自体の色でデザインを表現するので、タオル本来の風合いが残ります。
色違いの糸でデザインを表現する「毛違いタオル」、パイルの長短(デコボコ)でデザインを表現する「上げ落ちタオル」の2商品があります。
ジャガードタオルは、タオルを作る工程=デザインを作る工程になるため、製造前に入念に型や機械を調整する必要があります。
その準備に時間がかかるため、納期は長めになります。

▲トップへ戻る